本文へ進みます

モーリタニアで、ヤマハ発動機の技術援助による漁船の第1号艇が進水。セレモニーには同国大統領も出席。

ヤマハ発動機が、モーリタニア政府からの技術援助要請を受け、現地で建造中であったFRP製漁船の第1号艇が完成・進水し、4月7日に同国北部の都市ヌアディブでムハマンド・ウルド・アブデル・アジズ大統領など関係者列席のもとセレモニーが行われました。
進水した漁船は、全長14m、総トン数5トン、トイレや簡単なキッチン、仮眠スペースなどを備え、タコ漁をはじめとした様々な漁業に使われます。
ヤマハ発動機は、この漁船建造にあたり、工場・設備・工具に関する助言を行うとともに、量産に欠かせない「型」の提供、日本でのモーリタニア人研修生の受け入れ、現地での技術指導などを行っており、この活動は、1月の安倍首相アフリカ訪問時のスピーチでも紹介されました。
今後は、技術援助先である政府関連企業COMECA社によって、月2隻のペースで建造が進む予定で、同国の雇用創出、さらなる漁業振興に繋がることが期待されています。

<この件に関するお問い合わせ先>
 ヤマハ発動機 広報宣伝部広報グループ Tel.0538-32-1145

※FRP=ガラス繊維強化プラスチック

ページ
先頭へ